Menu
今日も出店場所探しに行ってみたり、問い合せてみたり一日ブッルーな日でしたが

そんなことばっかり書いてても面白くないっ

ということで

今日はオニカフェのこだわってるところのご紹介!


まず豆そのもの

コーヒー豆って色んな品種があって

稀少で手間や時間もかかるけどきれいな味のする品種もあれば

病気に強くて成長も早く大量に実がなるけど泥臭い品種もある

当然価格は前者が高く後者は安い


品種だけじゃなくて

トレーサビリティー(物品の流通経路を生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態)

がちゃんとしているものもあれば

そんなものさっぱり

っていうのもある


そしてオニカフェで使っている豆は

市場でも評価が高くトレーサビリティがしっかりしたものを

要するにどこの国のどこの農園の誰がいつどういう栽培の仕方と精製方法踏んだのか

が明確で尚且つ風味や味を判断する人たちに

これおいしいね~って評価された

もちろん品種は泥臭くない方を

極力有機栽培や無農薬で栽培されたものを選んでるんです


せっかく飲むなら体にいいものを飲みたいしね

どうやって管理されていたかわかんないの飲むのは

怖いでしょ

たかがコーヒーされどコーヒー

知れば知るほど深いぃ~

安くて美味しいコーヒーもいっぱいあるだろうけど

どうやってカップの中までたどり着いたのかわからないもんね


だから段階がちゃんとわかってる豆を

お客様の目の前で挽いて

お客様の目の前でハンドドリップで淹れるんです。



コーヒーに混ぜるミルクも

色々試したけど地元の大内山牛乳さんの物が

一番美味しくて他には変えられないので

お値段は張りますが使用させていただいているんです。


上のホイップクリームもそう

スプレータイプを使用することで雑菌などの影響を受けにくくし

海外の物よりも味が香りが良いめいらくさんの物を

これも値は張りますが使用させていただいているんです。


美味しさと体のことを考えると

やっぱり値段て上がっちゃうんですね。


オニヴァ!カフェのコーヒーは安心して飲めるって

そう思っていただけたらうれしいです


そう理解して飲んでいただけたら

コーヒー生産者の方々も頑張って作ってらっしゃる甲斐があるでしょ?

そうやって直接は聞こえない声に答えようと

努力してらっしゃる違う国のコーヒー農家さんがどんどん報われて

もっと美味しい珈琲を作ってくだされば私たちも

もっと安心して珈琲が飲めるようになるんですもんね


※2015年様々な影響による原価の値上がりに伴い、価格を上げないために牛乳のメーカー限定をやめました。






関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback